Because it matters.

現在地: ホーム > 製品 > Io > Io 4K

Io® 4K

Thunderbolt™ 2 用の 4K および HD I/O

Io 4K は、最新の 4K や UltraHD デバイスに対応し、プロフェッショナル向けのあらゆるビデオ/オーディオ接続機能を備えた、最新のキャプチャ/出力機器です。Thunderbolt 2 の技術に対応した Io 4K では、SDI と HDMI の両方で、SD からHD、UHD、および フル 4K まで、さまざま形式を処理できます。

将来性を見据えて

高解像度カメラを手頃な価格で購入できるようになり、最終的なフォーマットが SD またはHD である場合でも、高解像度で撮影するプロダクションが増えてきました。これに伴い将来的には、より高い解像度で柔軟性のあるリマスターが実現します。

Io 4K は現在お使いの SD および HD ワークフローに対応しており、より高い解像度のプロダクションに移行した場合にも、必要に応じて方向性を提供します。リアルタイム ダウンコンバーターによって、高解像度での作業を行うことができ、さらに再取り込みや再編集なしで解像度を下げた成果物の作成も可能になります。これらすべてを、撮影現場に簡単に持ち込める小型サイズで実現できます。

プロ仕様の接続性

Io 4K は、今日の様々な制作環境で必要となる接続性を備えています。フルサイズの BNC コネクタによる 4K 入出力の他、HDMI 1.4 入出力にも対応しているため、プロ仕様の 4 x SDI の 4K 信号を処理できるだけでなく、4K の取り込みや出力も HDMI 上で、お求めやすい価格の 4K デバイスを使用して実行することができます。もう 1 つある BNC は、HD-SDI ダウンコンバージョン専用の出力を提供しており、4K プロジェクトを HD モニターで簡単に表示することができます。

4K 解像度で作業する場合、Io 4K は専用の BNC コネクタで高品質な HD-SDI ダウンコンバージョン信号を出力します。この HD 信号を使用して、4K プロジェクトを放送用の HD レコーダーに直接出力したり、ポストプロダクション時に HD モニターで 4K 画像を容易に表示することが可能になります。

エンベデッド 16 チャンネル SDI および 8 チャンネル HDMI オーディオの他、標準的な DB-25 接続によるアナログ オーディオ出力にも対応しています。また、2 x RCA 出力と前面パネルの Mini TRS ヘッドフォン ジャックでステレオ モニタリングも可能です。

Io 4K は、外部リファレンスにロックして大規模なプロダクションに統合したり、LTC 入出力から Io 4K で取り込んだ映像素材に適切なタイムコードを付加することができます。テープデッキの制御が可能な RS-422 ポートでは、フレーム単位で正確な取り込みとレイオフを実行できます。

Monitor 4K in HD

When working at 4K resolutions, Io 4K outputs a high-quality HD-SDI down-converted signal on a dedicated BNC connector. This HD signal can be used to output 4K projects directly to HD recorders for broadcast and for easy viewing of 4K images on HD monitors during post-production.

パワフル

Thunderbolt 2 の技術により、1 本のThunderbolt ケーブルから信じられないほどの帯域幅が提供されます。Io 4K はこの増幅した能力を十分に生かして、最大 4K までの信号を取り込み、出力することができます。

Thunderbolt 2 のデュアルポートにより、Io 4K は高解像度ディスプレイや大容量ストレージなどの他デバイスをデイジー チェーン接続し、プロフェッショナルな制作環境の需要にも十分応えられる、強力でポータブルなソリューションを提供します。

Integrated Audio

Embedded 16-channel SDI and 8-channel HDMI audio are supported as well as analog audio outputs via a standard DB-25 connection. Stereo monitoring is also possible with 2 x RCA outputs and a front panel mini-TRS headphone jack.

 

AJA hardware conversion

Io 4K features full 10-bit, broadcast-quality, motion adaptive SD to HD up-conversion, HD to HD cross-conversion, HD to SD down-conversion, and automatic HD/SD 12-bit component analog output. Since all conversion functionality is hardware-based, it's available on ingest or playback.

Sync up

Io 4K can be locked to an external reference for integration into larger productions, or feed LTC in and out to ensure footage captured with Io 4K has the proper timecode.

Machine control

An RS-422 port allows control of tape decks for frame-accurate captures and layoffs.


Extensive software support

AJA hardware is supported by an extensive list of professional software for editing, visual effects, graphics and more allowing the same AJA device to be used by many different applications on the same system. In addition, AJA provides several free applications that enable you to utilize the power of your AJA hardware even without having to run a particular software package. This allows you to create unique workflows without tying up valuable resources unnecessarily.

Compatibility

特徴

  • 4 x 双方向 3G-SDI
  • 4K/UHD HDMI I/O
  • SDI および HDMI の同時出力
  • HD-SDI および HDMI モニタリング用に 4K から HD へリアルタイム ダウンコンバージョン
  • 10-bit 高品質 4:2:2 および 4:4:4 ワークフローをサポート
  • 2 x Thunderbolt™ 2 ポート
  • 最大 4K 10-bit 品質で、あらゆる Thunderbolt 2 システムに使用可能
  • 既存の Thunderbolt ホストとの下位互換性
  • SDI での 16 チャンネル エンベデッド オーディオ
  • HDMI での 8 チャンネル エンベデッド オーディオ
  • DB-25 アナログ オーディオ出力コネクタ
  • バッテリーまたは AC を使用した XLR 12V 電源
  • RS-422 VTR 制御、リファレンス、LTC 入力
  • モバイル環境用のヘッドフォン ジャックとレベル制御

技術仕様


ビデオ形式

SD

  • 525i 29.97
  • 625i 25

HD

  • 720P 50, 59.94, 60
  • 1080i 50, 59.94, 60
  • 1080PsF 23.98, 24, 25, 29.97, 30
  • 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60

2K

  • 2048 x 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
  • 2048 x 1080PsF 23.98, 24, 25, 29.97, 30

4K

  • 3840 x 2160P 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
  • 3840 x 2160PsF 23.98, 24, 25
  • 4096 x 2160P 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
  • 4096 x 2160PsF 23.98, 24, 25

Note: High Frame Rate support is dependent on Thunderbolt speed. Not all systems will support all frame rates.


ビデオ入力

  • 3G-SDI、SMPTE-259/292/296/424、8 または 10-bit
  • シングル リンク 4:2:2 または 4:4:4 (1 x BNC)
  • デュアル リンク HD 4:4:4 (2 x BNC)
  • 2K HSDL (高速データ リンク) 4:4:4、(2 x BNC)
  • 4K/UltraHD 4:4:4 (4 x BNC)
  • HDMI v1.4
    • 30/36-bit/ピクセル、RGB または YUV、2.25 Gbps
    • SD、HD、1080p-50/60、4K、2K、ステレオスコピック HD に対応

ビデオ出力

  • 3G-SDI、SMPTE-259/292/296/424、8 または 10-bit
  • シングル リンク 4:2:2 または 4:4:4 (1 x BNC)
  • デュアル リンク HD 4:4:4 (2 x BNC)
  • 2K HSDL (高速データ リンク) 4:4:4、(2 x BNC)
  • 4K/UltraHD 4:4:4 (4 x BNC)
  • HDMI v1.4
    • 30/36-bit/ピクセル、RGB または YUV、2.25 Gbps
    • SD、HD、1080p-50/60、4K、2K、ステレオスコピック HD に対応

オーディオ入力デジタル

  • 16 チャンネル、24-bit SDI エンベデッド オーディオ、48kHz サンプルレート、同期
  • 8 チャンネル、24-bit HDMI エンベデッド オーディオ、48kHz サンプルレート、同期

オーディオ出力デジタル

  • 16 チャンネル、24-bit SDI エンベデッド オーディオ、48kHz サンプルレート、同期
  • 8 チャンネル、24-bit HDMI エンベデッド オーディオ、48kHz サンプルレート、同期

オーディオ出力アナログ

  • 8 チャンネル、24-bit D/A アナログ オーディオ、48kHz サンプル レート、バランスド、DB-25 ブレイクアウト ケーブルに業界標準の XLR コネクタ x 8 を使用 (ブレイクアウト ケーブルは別売り)
  • +24dbu フルスケール デジタル (0dbFS)
  • +/- 0.2db 20 ~ 20kHz周波数応答

ダウンストリーム キーヤー

  • アルファ チャンネル付き画像をビデオ/マット/フレームバッファに合成、あるいはフレームバッファ コンテンツをビデオ入力やマットに合成

4K/UHD ダウンコンバージョン

  • 専用の 4K リアルタイム ダウンコンバージョン出力 (1 x BNC)
  • 4K から 2K へのダウンコンバージョン
  • UltraHD から HD へのダウンコンバージョン

リファレンスと LTC I/O

  • 1 x BNC LTC 出力
  • 1 x BNC (リファレンス ビデオまたは LTC 入力に割り当て可能)

リファレンス:

  • アナログ カラー ブラック (1V) またはコンポジット シンク (2 または 4V)
  • 無限

外寸

  • インターフェース: Thunderbolt 2 (2 x)
  • 電源: 10-20V、30-60W*

    * 注記: 公称電力は 30W です。ただし、Thunderbolt デバイスを複数接続した場合は、Io 4K で必要とする電力量が増すため、消費電力が 60W まで増加する可能性があります。

マシン コントロール

  • RS-422、Sony 9 ピン プロトコル
  • 9ピン Dコネクタのピン配列 (下表):
    1 GND
    2 RX-
    3 TX+
    4 GND
    5 コレクションなし
    6 GND
    7 RX+
    8 TX-
    9 GND
    シェル GND